PCIeのリンク速度

うちのテープライブラリに久々に火入れしたところ動かず焦った。
原因を調べたところ、以前設定してあったPCIeの通信速度設定がCMOSクリアで飛んでいたためだとわかった。これはその備忘録。

PCIeにはいくつかの世代が存在する。

古いインターフェイスカードだと低速の通信しかできず、マザボ側のネゴシエーションに失敗することがある。
こういう場合、BIOSの設定から速度をGen1とかに落としてやると通信できたりする。

うまいことOS側からBIOSの設定ができるといいのだが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 1 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください