KubernetesをRaspberryPi 3B+クラスターにプロビジョニングする

構築

環境要件

以下やりかた

再起動が一回必要。
一応kubeadm使うとKubernetesの構築自体は一発で終わる。

curl https://get.docker.com/ | sh
echo -n "cgroup_enable=cpuset cgroup_memory=1 cgroup_enable=memory" \
  | sudo tee -a /boot/firmware/cmdline.txt
kubectl completion bash \
  | sudo tee /etc/bash_completion.d/kubectl
sudo vim /etc/hostname # 適当に名前を振る。IPアドレスと組にして全ノードの/etc/hostsに書いておく。

ここで一度再起動

# 以下、マスターノードだけで
sudo kubeadm init --token-ttl 0 2>&1 \
  | tee $HOME/kubeadm_init.log
kubectl apply -f https://raw.githubusercontent.com/coreos/flannel/master/Documentation/kube-flannel.yml

終わると、ノード追加に使うコマンドが表示されるので、他のメンバーノードにsudoで打ち込んでいく。
コマンドとしては下記のようなもののハズ。

kubeadm join ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + 20 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください